益田祐美子(ますだ ゆみこ・映画)の経歴!夫や娘は?作品の主演(キャスト)・あらすじや著書は?【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

10月29日の『激レアさんを連れてきた。」に

映画プロデューサーの

益田祐美子(ますだ ゆみこ)さん

という方が出演するそうですね!

普通の主婦だったのに自分の娘が

主演する映画を作ろうと思って大奮闘した結果、

イランの映画賞を総なめにした上に

そのまま映画プロデューサーになっちゃった人。 

として紹介される

益田祐美子(ますだ ゆみこ)さん

面白い話が聞けそうです!

今日はそんな益田祐美子さんについて、

経歴や映画製作のきっかけ、

夫はどんな人なのか?

制作した映画の主演やキャストは

誰なのか?

そして著書について

調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんの学歴や経歴!
  2. 益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんが映画つくりを始めたのは娘についたウソがきっかけ!?
  3. 益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんの夫はどんな人?娘は映画に出演したの?
  4. 益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんの映画のあらすじ・キャスト!主演の柳生みゆって?
  5. 益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんの著書は?

スポンサードリンク

益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんの学歴や経歴!

出典元:facebook

益田祐美子さんは

1961年生まれ。

今年57歳になる方ですね。

岐阜県高山市生まれ。

金城学院大学を卒業されたそう。

なんか優し気な雰囲気で

女優さんみたいにお綺麗な方ですね。

益田祐美子さんはとても

頭脳明晰で優秀な方のようで、

金城学院大学での研究

「高齢者用商品開発への提言と実際」が、

商品研究大賞受賞。

さらに

新婚旅行費用のために

通産省エネルギー大賞に応募した作品が

優秀賞を受賞したこともあるそうです!

賞の詳細はわかりませんが、

学力だけではなく

人とは違うアイデアが必要とされそうな

分野という感じがしますよね!

そういう発想力みたいなものが

ある人なのでしょうね~。

大学卒業後は

NHK岐阜・名古屋でニュース、

子ども向け番組に出演。

月刊Home Economist Wise 誌記者を経て、

株式会社平成プロジェクトを設立、

代表取締役社長就任。

この平成プロジェクトは

映画・イベント・書籍等の総合プロデュースを

行っている会社だそうです。

平成プロジェクトでは

数々の映画のプロデュースを

手掛けているようで、

ホームページに載っている映画を

ざっと見ただけですが、

日本と韓国、日本とイランなどの

合同作品など、

ドキュメンタリーや

社会派っぽい映画が多いような

印象ですね。

わたしは、性同一性障害の方を取材した

ドキュメンタリー&ドラマだという

『ハイヒール革命』という映画が

特に気になりました!観てみたいです。

平成プロジェクト

内閣府「生活者の観点からの地域活性化調査」委員、

第2・3・4回経済産業省ものづくり大賞審査員、

瀬戸内国際こども映画2011 総合プロデューサー、

防衛省航空幕僚幹部援護推進委員と「ヒロシマ平和賞」選定委員、

なども務めておられます。

スポンサードリンク

益田祐美子(ますだ ゆみこ)さんが映画つくりを始めたのは娘についたウソがきっかけ!?

それでは気になる、

普通の主婦だった益田祐美子(ますだゆみこ)さんが

映画を作ることになった経緯です!

2000年4月、

当時小学4年生だった娘さんが、

ある映画のオーディションに受かり、

ステージママとしてロケ地の

青森まで付き添って行くことになった

益田祐美子(ますだ ゆみこ)さん。

望んで参加した映画撮影でしたが、

撮影現場はとても寒く、待ち時間も長い。

しかも映画自体の内容も

「親の不倫」が題材になったものだったそう。

そして「こんな映画はいやだ、わたし降りる」

と言い出す娘さん。

小学4年生なら不倫の意味分かるだろうし、

嫌悪感を持つのも当然ですよね。

しかし、

親として関係者に迷惑をかける事態は

避けたかった益田祐美子さん。

「ママ貯金があるから、

それであなたが主役の映画を作ってあげる。

だからこの現場はやり通しなさい」

と、とっさに嘘を付いたそうなのです。

どえらい大風呂敷広げたな~

という感じですね!

「欲しいもの買ってあげる」とかでは

ダメだったんでしょうか。

そんなんじゃごまかせないくらい、

もしかしたら娘さんも賢くて

映画にこだわりがあったとか?ですかねぇ。

そして

何とか青森での撮影は終了。

映画も完成したそう。

益田祐美子さん、娘さんの付き添いで

お疲れになったでしょうが、

あるとき娘さんに聞かれます。

「ママ、私との約束どうなった?」

映画の完成は終わりでなく始まり

だったのですね。

そうして映画製作が始まるわけです。

製作費を集めるまでの

ざっくりした流れはこんな感じみたいです。

  • その時点で貯金は3000万円。製作費は1億5000万円。
  • 最初は東宝などに相談したものの相手にされず。
  • 子供を主役にしたイランの映画『運動靴と赤い金魚』がアカデミー賞外国映画賞を受賞したことを思い出して、その映画の監督に会いにイランへ。
  • 紹介された別の監督カマル・タブリーズィーさんに構想を話すと「いいお話ですね、つくりましょう」と賛同。
  • その場で契約して、契約金を支払い、帰国。
  • 足りない製作費を集めるために、映画協賛に慣れていなくて、作品に関わりのある企業を攻めることに。
  • 「何もわからないので教えて」という姿勢で懐に入り込み、「ウイルスのように増殖して」スポンサーの輪を広げる。

すごい…。益田祐美子さんは

人と楽しく話して相手の心を

開かせるのが得意だったりもするんでしょうね!

益田祐美子さんの娘は映画に出たのか?夫や、映画のキャストについては2ページ目へ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする