友田明美(医師)の経歴!夫や子供は?勤務先の病院(小児科)や、マルトリートメント・脳が変形って?【世界一受けたい】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

1月19日の「世界一受けたい授業」に

小児科医の友田明美(ともだ あけみ)さん

という方が

出演されるそうですね!

友田明美さんは

虐待が子供の脳に与える影響を

立証されたことで有名なお医者さん

なのだそうです。

今日はそんな友田明美さんの

  • 経歴や
  • 虐待が子供の脳を変形させるという研究について
  • マルトリートメントって何?
  • 勤務先の小児科はどこ?
  • 夫はどんな人?子供はいるの?

などを調べてみました!

更に、番組を観たら

友田明美さんの考える

「子供を怒り過ぎた時の正しい

対処法」なども追記したいと思います。

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 友田明美さんの経歴!勤務先の小児科はどこ?
  2. 友田明美さんの研究!「虐待が子供の脳を変形させる」ってどういうこと?
  3. 友田明美さんが普及させたい「マルトリートメント」ってなに?
  4. 友田明美さんの夫はどんな人?子供はいるの?
  5. 友田明美さんの考える「子供を怒り過ぎた時の正しい対処法」は?(編集中)

スポンサードリンク

友田明美さんの経歴や、勤務先の小児科はどこ?

出典元:http://news.nhk-book.co.jp/archives/8441

以下が友田明美さんの経歴です。

1987年、

熊本大学医学部医学研究科修了。

医学博士。

熊本大学大学院 小児発達学分野准教授、

文部科学省 在外研究員などを経て、

2011年6月より

福井大学子どものこころの発達研究センター教授。

同大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長兼任。

2009 ~ 2011年、

および2017年4月より

日米科学技術協力事業

「脳研究」分野グループ共同研究

日本側代表者を務める。

友田明美さんの現在の勤務先は

福井県なんですね!

福井大学医学部附属病院の

「こころの発達研究センター」と

「子どものこころ診療部」

だそうです。

「子どものこころ診療部」は、

子どもの心の発達や

その問題の診断・治療・支援を専門とする

全国でも

珍しい医療機関とのことです!

こころに何かしら問題を抱える子供たちの

「育つ力」や「立ち直る力」

支援する場所のようですね。

一般的な小児科とは異なりますが、

小児科や他の医療機関と

連携して診察を行っているそうですよ。

いったいどんな症状の子供を

診ているのか、気になりますよね。

サイトで紹介されていた一部ですが、

具体的には

  • 自閉スペクトラム症
  • こどものうつ病
  • 心的外傷後ストレス障害
  • 不登校・ひきこもり
  • 小児心身症(過敏性腸症候群など)

などに対応されているそう。

友田明美さんのこれまでの

活動例を読むと、

精神に問題を抱えて虐待をしてしまう

母親に入院を勧めたり、

そのために父親を自ら時間をかけて

説得したりと、

表面的なことだけではなく、

家族の深い部分に立ち入って

改善するよう働きかけてくれるんだな

という印象です。

「このままではいけない」とわかっていても

家族だけでは解決できない

という状況になったとしたら、

このように親身になってくれる

第三者の存在は救いになりますよね。

こういう機関が増えたら

相談したいという家庭は

多いんじゃないでしょうか。

友田明美さんに相談したい方は、

かかりつけのお医者さんなどから

紹介状を書いてもらい、

予約をして

「子どものこころ診療部」を

受診するという方法があるそうですよ。

福井大学医学部付属病院子どものこころ診療部

スポンサードリンク

友田明美さんの研究について!虐待が子供の脳を変形させるってどういうこと?

友田明美さんは

虐待が子供の脳に与える影響を

立証されたことで有名みたいですね。

「世界一受けたい授業」でも

「子供の脳が変形」という

衝撃的な言葉で紹介されるようです。

虐待が子供の脳に与える影響とは

どんなものかというと、

(ごく一例ですが)

ほおへの平手打ち等の体罰によって

前頭前野という部位の容積が

15%ほど減少してしまうことが

わかっているそう。

前頭前野は思考や創造性、感情などを

つかさどる部分だそう。

他には、

身体的な虐待以外の

「大声を上げて叱る」等の行為でも

側頭葉の聴覚野が14%ほど

増加するそうで、これにより

心因性難聴に繋がる可能性も

あるのだそう。

このような脳の部位の減少や

増加を「変形」と表現している

のでしょうね。

友田明美さんは

(トラウマの治療や認知行動療法で)

「傷付いた脳は回復させられます」と

語っていますが、

早い時期に気付き治療し、

それ以上の虐待も防がないと

大人になってからも影響が出る

ということも主張されています。

直接傷を付けたわけでもないのに、

脳の容積が減ったり増えたり

してしまうなんて、驚きです。

虐待が将来的にも

その人の人生に悪い影響を

与える理由もわかる気がします。

スポンサードリンク

友田明美さんが普及させたい「マルトリートメント」ってなに?

友田明美さんは更に、アメリカでは

既に普及している、

「マルトリートメント」という

言葉が、日本でももっと一般的に

なればと考えているそう。

「マルトリートメント」とは

mal(悪い)とtreatment(扱い)

が合わさった言葉で、

「不適切な養育」を意味する

「虐待」という言葉だと、

悲惨なイメージや、ニュースで

取り上げられるようなものという

イメージが先行してしまい、

「自分たちには関係ない」と思われて

しまう可能性がありますが、

もっと身近に起こり得る

「マルトリートメント」

=「不適切な養育」でも

脳の発達に悪影響を及ぼす

可能性があることを認識するのが

大事なんですね。

わたしも、虐待の経験のある

人の辛さに比べたら

大したことではないと思うものの、

親からいろいろ理不尽な目に

合わされたことはありますね。

やっぱり今でもどうしても自分に自信が

持てなかったり、

悩みは続いているし、これからも

続いて行く気がします。

自分の子供には同じ経験は

させないという思いは強いです。

ではどうしたらいいのか。

友田明美さんは

「子供にとって欠かせないのは

親に甘える時間」だといいます。

親は一日の終わりに、

「子供にどんな言葉をかけたか」

「子供に何回触れたか」

などを振り返ったり、

「親自身のストレスを解消する」

「頼れる人にはとことん頼る」

などを実践することを

勧めておられます。

スポンサードリンク

友田明美さんの夫はどんな人?子供はいるの?

出典元:Amazon

友田明美さんには子供

(娘さん)がおられるそうですね。

著書は

医師としてのみならず、

実際に子育てをする母親としても

書かれているのだそうで、

なんと、友田明美さんご自身が

子供に対して

「マルトリートメント」を

してしまった実例を明かしているのだそう

  • 疲れて帰宅した際、側溝に家の鍵を落とした娘をたたいてしまった
  • 眠っている娘を置いて短時間職場に行ってしまった
  • 嫌がっているのに、人前で暗算の練習をさせた

子供に対してやってしまって

後悔していることを

人に話すのって勇気が要りますよね。

でも、

友田明美さんのような立派な

先生でもそういうことがあるんだ…

と知ることで

「完璧な親などいない」

「親のストレス解消も必要」

というメッセージも

説得力を持つ気がします。

おそらく結婚して夫もいるのでしょうが、

夫がどんな人なのか

調べてもわかりませんでした…。

友田明美さんの考える「子供を怒り過ぎた時の正しい対処法」は?

番組を観たら追記したいと思います。

(編集中)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする