蘭華(シンガーソングライター)の経歴は?柿崎譲志・水島秀昭との関係!結婚は?【ザ・ノンフィクション】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

10月14日の『ザ・ノンフィクション』に

蘭華さんという方が

登場するようですね!

この蘭華さん、

遅咲きのシンガーソングライター

されているようですが、

一体どんな方なのでしょうか?

(ちなみに、今回ノンフィクションの

ナレーションを務めている内藤裕子さんの

記事をたまたま最近書いていたので

よかったら併せて読んでみてください。)

内藤裕子(元NHKアナウンサー)の夫や子供は?交通事故を経てカレー伝道師?経歴や現在の収入は?【爆報THEフライデー】

今日はそんな蘭華さんについて、

経歴や、一緒に番組で

紹介されるらしい

柿崎譲志さんや水島秀昭さんとの

関係などを調べてみました!

更に、番組を観て詳細を追記したいと思います!

<もくじ>

  1. 蘭華さんはシンガーソングライター!経歴は?結婚してる?
  2. 蘭華さんはニューアルバムを出せたの?レコード会社はどこになったの?
  3. 蘭華さんが所属する事務所社長の水島秀昭さんてどんな人?ふたりの関係は?
  4. 蘭華さんを担当する音楽プロデューサー、柿崎譲志さんてどんな人?ふたりの関係は?
  5. 蘭華さんの今後の活躍に期待!

スポンサードリンク

蘭華さんはシンガーソングライター!その経歴は?

出典元:日本コロムビア

蘭華さんは9月28日生まれの39歳。

大分県の出身です。

趣味は温泉巡りやアート鑑賞などで、

温泉ソムリエの資格もお持ちだそう。

綺麗な方ですね!

18歳で歌手になることを夢見て上京したときには

恋人も捨てたという蘭華さん

結婚も後回しにして人生のすべてを

音楽にかけて生きてきたと言います。

ということは蘭華さんは結婚しておらず、

独身なのですね。

2015年

蘭華さん35歳のときにメジャーデビューしたそう。

デビューまでにはかなり年数がかかったのですね。

デビュー曲は

「ねがいうた」「はじまりいろ」

の二曲。

人気作家よしもとばなな原作の映画

『海のふた』主題歌となったこの二曲を

両A面シングルとしてリリースしたんだそう。

そして、2016年秋には

蘭華さんが全曲の作詞・作曲を手掛けた

ファーストアルバム「東京恋文」をリリース。

『第58回 輝く!日本レコード大賞企画賞』

受賞されました。

35歳でメジャーデビューという遅咲きだったものの、

高い評価は受けていたのですね。

しかし

日本レコード大賞企画賞を受賞した

アルバム以降はヒットせず、その後は

CDを1枚も出せていない…という蘭華さん。

今はまさに崖っぷち状態、との事。

番組では

そんな蘭華さんが今年(2018年)こそ

「ヒット曲を出したい」

新しいアルバムを出そうと奮闘する様子が

取材されているようですね!

とてもたのしみです!

スポンサードリンク

蘭華さんはニューアルバムを出せたの?レコード会社はどこになったの?

新アルバムリリースのために

奔走する蘭華さん

しかし、音楽不況と言われるこのご時世、

蘭華さんのアルバムを出してくれる

レコード会社はなかなか見つかりません。

番組ではそんなアルバム制作にまつわる

苦労も紹介されるようですね。

結論から言うと、蘭華さんは今月(2018年10月)

「悲しみにつかれたら」というアルバムを

リリースしています!

レコード会社は日本コロムビア。

蘭華さんはオフィシャルブログで、

新しいアルバムを出すにあたって、

「2年前に日本レコード大賞企画賞を

受賞した前作『東京恋文』を超える

というのが目標だった」

語っています。

やっぱり、

前作の出来の良さと、

それ以降CDを出せなかったという状況が、

新作を作るにあたっての

プレッシャーになっていたのかもしれませんね。

果たして新作がそれを超えられたのかは

不安ですが、苦しみ、疲弊しながら

制作したという点では前作をはるかに超え、

私の音楽人生でも忘れられない一枚となりました。

蘭華オフィシャルブログ

このように語っている蘭華さん

アルバム制作は心身ともに

大変なものだったようですね。

今は年齢の若さや見た目の可愛さ、

売り上げ戦術による人気取り、

歌以外のパフォーマンスなどで

売れているアーティストが多い中、

蘭華さんのように曲と歌声の魅力で

勝負していくのは並大抵のことではないでしょうね。

蘭華さん

「ヒット曲を出したい」という

切実な思いもこもっているであろうこのアルバム、

初挑戦となった

シャンソンやブルースの楽曲も含まれていて

「世界を旅している感覚になれる」との事。

なんとなく、疲れた大人を癒してくれそうな

イメージです。

めっきり最近の歌手がわからず、

YouTubeを立ち上げても

何を聴こうか悩んだ末

ジブリメドレーを聴いているわたしも

興味津々です。

蘭華さんの所属事務所や、社長の水島秀昭さん、プロデューサーの柿崎譲志さんについては2ページ目へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする