金平永二(内視鏡手術・フリー)の妻も外科医!年齢や大学等の経歴!リアルドクターXに子供はいる?【世界一受けたい授業】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

10月13日の『世界一受けたい授業』

日本初のフリーランス外科医、

金平永二さんが出演されます。

一体どんなお話が聞けるのでしょうか?

今日は金平永二さんについて、

大学などを含む経歴を調べてみました!

金平永二さんと同じ外科医だという妻

お写真や、プライベートのエピソードも発見!

さらに

金平永二さんが手掛ける

内視鏡手術についても調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 金平永二さんの出身大学などの経歴は?
  2. 金平永二さんが手掛ける内視鏡手術について!
  3. 金平永二さんの妻も美しき外科医!子供はいる?
  4. 金平永二さんの今後
    スポンサードリンク

金平永二さんの出身大学などの経歴は?

出典元:ドクターズゲート

それでは早速、気になる金平永二さん

基本情報から!

金平永二さんは1960年4月12日生まれの58歳。

出生は京都で、ご出身は福井県とされています。

胆のう、胃、大腸、膵、脾など

幅広い消化器疾患の内視鏡外科手術を手掛ける

外科医です。

1978年 福井県立藤島高等学校卒業 

1985年 金沢大学医学部卒業

医師国家試験合格 金沢大学医学部第1外科入局 

1991~1992  ドイツTuebingen大学留学

内視鏡手術の臨床

1992~2002  金沢大学医学部付属病院心肺総合外科 助手→講師 

2002~2005  フリーで外科医を務める。

ウェブ上にバーチャル内視鏡外科研究所 ELKを開設

ということで、

金平永二さんは2002~2005年の間、

フリーで外科医をやっていたという

ことなのですね!

2005~2008  四谷メディカルキューブ 

きずの小さな手術センター長

 
2008年 上尾中央総合病院 外科診療顧問,AMG内視鏡外科アカデミー代表

2012年 メディカルトピア草加病院 院長, 外科顧問

現在もこのメディカルトピア草加病院

院長をされていているようです。

フリーで外科医をされていた時代は、

日本全国はもちろん、

シンガポール、

ニュージーランド、香港、台湾、韓国等

60か所以上で依頼された手術を執刀されたそうです!

もちろん英語が堪能なんだとか。

かっこいいですね…。

ちなみに

スノーボード、テニスなど、

様々なスポーツが趣味だそう。

しかも周囲の人には穏やかで優しい性格だと

言われているそうですよ…。

あらゆる素晴らしい要素を持ち合わせている人って

いるものですねぇ…。

わたしのような卑小な人間はせめて

人に優しくしないと地獄に落ちるだろうな…というらい、

素晴らしい金平永二さんの経歴でした。

スポンサードリンク

金平永二さんが手掛ける内視鏡手術について!

内視鏡手術は、

おなかに5ミリから2センチ程度の小さな穴を開け、

そこから内視鏡と細い手術器具入れて行うものだそう。

出典元:メディカルトピア草加病院

こちらは金平永二さんが実際に内視鏡手術を

行っている様子ですね。

内視鏡手術のメリットとしては、

  • 傷が小さいため手術後の痛みが軽い。
  • 見た目にも傷が小さい。

という事が知られていますよね。

ただ、金平永二さんいわく、

更に重要なメリットが、

「胃腸が眠らないということ」なのだそう。

内視鏡手術では、

閉鎖された空間で手術を行うことにより、

胃や腸などの内臓が空気に触れることがないので、

術後、胃腸の働きの回復が早いのだそう。

このため術後は食事の摂取がスムーズなことが多く、

栄養状態の回復が非常に良いと言うのです。

「内視鏡手術は身体の負担が軽い」

と言われているのは、

このような栄養状態の回復の速さが

主な要因なのだと知り、驚きました。

一般的な外科手術だと、

「麻酔から覚めたとき傷が猛烈に痛む」って話は

耳にしたことがあるし、

それが少ないのが内視鏡手術の最大のメリットなんだろうと

なんとなく思ってました。

でも、上で書いた金平永二さんのお話によると、

「術後に食事で栄養をしっかり取れる」

というのがかなり重要なんですね!

金平永二さんの妻も外科医!顔写真やプライベートのエピソードは2ページ目へ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする