ヒルナンデス(浅草・デンキヤホール)のオムライスレシピ(作り方)と名物女将!東八郎も通ったお店の場所など!

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

11月8日の「ヒルナンデス」で

あの東八郎も通ったという喫茶店

「デンキヤホール」を

紹介していましたね!

今日はそんな「デンキヤホール」の

オムライスのレシピ(作り方)と、

お店の場所や東八郎さん、東MAXさんとの

エピソード、

女将さんの魅力などを

書きたいと思います!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」のオムライスレシピ!
  2. ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」の名物女将、杉平米子さんの元気の秘訣は?
  3. ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」の場所はどこ?東八郎と東MAXとのエピソードも!

スポンサードリンク

ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」のオムライスレシピ!

①玉ねぎと豚肉を細かく切る。

②フライパンをあたため、油をひいて

具を炒める。

(女将さんは良く混ざるように

お好み焼き用のフライ返しを使用)

③玉ねぎがしんなりしてきたら

ご飯250gを投入。

(「デンキヤホール」では

ご飯を多めにしているそう)

④ご飯と具を炒め合わせ、塩こしょうケチャップで味付け。

⑤卵を割り、菜箸で溶く。

(一人前に卵二個使用していました。

ふんわりさせるためによく溶くとの事。)

⑥卵に気泡が出始めたら火を止め、ケチャップライスを乗せる。

⑦器に盛りつけ、ケチャップをかけて完成!

豚肉がゴロゴロ入っていて

素材の味がしっかりわかりそうな

オムライスですね!

具材も卵もバターではなく

油でいためていました。

ふわふわとろとろ系の

オムライスも多いですが、

こういう素朴なオムライスもおいしそうです!

出演者の皆さんも絶賛していました!

ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」の名物女将、杉平米子さんの元気の秘訣は?

そんなオムライスを作っている

「デンキヤホール」の女将さんは

杉平米子さん。なんと87歳。

笑顔が可愛いです。

義理の娘の若女将(こちらも60歳ですが

若々しい!)が一緒に立ち働くものの、

午前中は厨房に立って、現役で

調理をしているそうです。すごい!

元気の秘訣は

「なんでも食べること」。

好き嫌いはないそうです。

メロンなら一度に半分は食べてしまうそう!

元気ですね~。

仕事が終わった後に行く

社交ダンスとカラオケ。

十八番は

「ラブ・ナイト・スポット」

なんか、妖艶なジャケットですね。

里見浩太郎さん、若い…!

歌う歌も色っぽいですが、

社交ダンスも当たり前かもしれませんが

長年の付き合いだという男性の

お友達と手を取り合って踊っていて、

十八番もその男性とデュエットですよ。

今、女将さんの半分も生きていないわたしですが、

カラオケに気軽に誘える男性なんて

皆無です・・・・・。

胃も悪いんで、メロン半分も無理だと思います。

「デンキヤホール」の女将さん、

いろんな意味で人生の目標にしたい女性です。

スポンサードリンク

ヒルナンデスで紹介された「デンキヤホール」の場所はどこ?東八郎さんと東MAXさんとのエピソードも!

番組で「デンキヤホール」は

昭和の喜劇王、東八郎さんも

通っていたと紹介されていましたね!

東八郎さんの息子で

タレントの東MAXさんも子供の頃から

馴染みだそうで

「たーくんは本当に可愛かった」と女将さん。

東MAXさんを「たーくんて呼ぶ人は初めて」と

横山裕さんたちを驚かせていました。

別の番組で東MAXさんが来店した時

「たーくんと呼ばないでください」と

言われたと笑顔で言う女将さん。

自分の子供の頃を知る人に

当時のあだ名で呼ばれるのはちょっと

恥ずかしいですもんね。

女将さん、

友近さんたちや横山裕さんに

「でも言っちゃったね」と言われ

茶目っ気たっぷりに笑っていました。

可愛い…。

そんな「デンキヤホール」の場所です。

〒111-0032

東京都台東区浅草4丁目20−3

杉平ビル

TEL: 03-3875-2987

「デンキヤホール」ホームページ

予約もできるそうですよ!

以上、わたしが調べた

「デンキヤホール」と女将さん、

オムライスレシピなどなどでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする