速見佑斗(体操・懲戒処分)の出身大学や経歴は?選手時代の成績は?オリンピックは?結婚した妻や子供はいる?

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

先ほど

体操の速見佑斗コーチ

暴力行為で懲戒処分を受けたという

ニュース速報を目にしました。

速見佑斗コーチとは

どんな人物なのか、

事件の概要と共に

書きたいと思います!

※8月15日21時に追記しています。

<もくじ>

  1. 速見佑斗コーチの暴力行為とは?事件の概要。誰に暴力を振るったのか?
  2. 速見佑斗コーチの経歴!オリンピックには出た?
  3. 速見佑斗コーチは結婚した妻や子供はいる?
  4. まとめ

スポンサードリンク

速見佑斗コーチの暴力行為とは?事件の概要

ニュース速報の記事です。

日本体操協会は15日、

速見佑斗コーチ(34)に

暴力行為があったとして、

登録抹消とナショナル

トレーニングセンターでの

活動を無期限で禁止する懲戒処分を

発表した。

引用元:日刊スポーツ

実際に暴力行為が判明したのは

今月8日だったようですが、

その後内部で確認が行われ、

処分が決定して今日、

公表されたようです。

この「ナショナトレーニングセンター」

と書かれているのは

味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)

という施設のことようです。

出典元:デイリー

味の素ナショナルトレーニングセンター

東京都北区西が丘地区に

日本初のトップレベル競技者用

トレーニング施設として設置され、

JOC及びJOC加盟競技団体に

所属する選手・スタッフが専用で

利用しているとの事。

誰でも利用できるようなものではなく、

ハイレベルな選手やスタッフだけが

専用で使っているもののようですね。

他のニュースサイトでは

「選手指導中の暴力行為」

等と表現されているものもあったので、

どうやら速見佑斗コーチが

指導・育成に当たっている

選手に対して暴力が振るわれて

しまったようですね。

相手に怪我はないのでしょうか。

詳細がわかり次第、

追記したいと思います。

※8月15日21時追加

続報によると、

速見祐斗コーチが暴力を振るったのは

自身が体操の指導をしていた

宮川紗江選手でした。

(宮川紗江選手については

次の項目で説明しています)

速見祐斗コーチは宮川紗江選手に対し

指導中に腹を立て、怒声を浴びせ、

顔を叩いたり

髪を引っ張ったりしたというのです

レベルの高い指導者であるはずの

人がそんな風に感情的に

手を上げるなんて、

信じられないですね。

周りで見ていた他の指導者が

報告し、日本体操協会が

速見祐斗コーチに聞き取りをした

ところ、事実を認めたそうです。

宮川紗江選手

ショックだったでしょうし、

悲しみや怒り、屈辱も感じた

ことでしょう。

怪我はなく、練習は再開されてる

ということがせめてもの

救いです。

スポンサードリンク

速見佑斗コーチの経歴!オリンピックには出た?

速見佑斗コーチ

元体操選手で、

現在は体操のコーチ。

1983年9月27日生まれの34歳

長崎県 佐世保市出身

日本体育大学卒業

現在は埼玉県に住んでいるようです。

所属していた組織の経歴として

  • ドリーム体操クラブ
  • 関西高校
  • 日本体育大学
  • 徳洲会体操クラブ
  • セインツ体操クラブ所属

などがあるようです。

徳洲会体操クラブでは、

米田功・水鳥寿思などトップ選手が

活躍する中、自身もオリンピックを目指した。

「北京オリンピック代表選考後に

選手を引退」

とありますので、

速見佑斗コーチ自身はオリンピックに

出場できなかったということみたいです。

その際に同クラブを退職しています。

埼玉県新座市にあるセインツ体操クラブでは、

コーチとして、女子ジュニア選手の育成を担当。

同クラブ所属の宮川紗江選手のコーチ

をしていました。

速見佑斗コーチは

女子選手の強化とオリンピック選手の輩出に

力を入れていたようです。

宮川紗江選手は18歳

2014年8月に開催された

南京ユースオリンピック(14歳から18歳を

対象とした大会)では、

跳馬で銅メダルを獲得した実力の

持ち主だそうです。

速見佑斗コーチのfacebookの

プロフィール写真に二人で並んだ

写真が使われているので、

関係性の深さが伺えますね。

出展元:facebook

優秀な指導者だったであろう

速見佑斗コーチ、

なぜ暴力を振るうほどに

感情的になってしまったのでしょうか。

速見佑斗コーチに結婚した妻や子供がいるかどうか?は次のページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする