山田充(岩茸ハンター)は料理人!経歴は?お店(観月茶屋)の場所は植物園(岳人の森)の中?【ジョブチューン】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

9月8日の『ジョブチューン』は

2時間スペシャルだそうですね。

アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

という企画に「岩茸ハンター」だという

山田充さんという方も出演されるそうです。

面白そうですね!

今日はそんな山田充さんの経歴や、

料理人として勤めているお店について

調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 山田充さんはどんな人?料理人としての経歴は?
  2. 山田充さんが勤めている料理店『観月茶屋』は標高1000mの植物園の中にある!
  3. まとめ

スポンサードリンク

山田充さんはどんな人?料理人としての経歴は?

出典元:TBS

山田充さんは、番組の予告では

「岩茸ハンター」として

紹介されていましたが、

本職は料理人のようです。

京都や岐阜で料理人として修行され、

年齢は40歳前後だそう。

優しそうな笑顔がすてきです!

料理人でありながら、

食材である岩茸を自分で採っているという

ことなんでしょうが、

岩茸は断崖絶壁に生息していて、

ロープを使って降りたりして

取らなければいけないんですよね。

山田充さんは相当な体力の持ち主

なんでしょう。

そして岩茸…

キノコというより何かの

燃えカスみたいにも見えますが…

出典元:小学館

そんな難所に採りに行ってまで食べたいくらいなので

めちゃくちゃおいしいんでしょうね!!

天ぷらにしたりお鍋にしたりするそうですが

どんな味がするんだろー。

食べてみたい!!

番組で試食もあるかもしれないですね。

山田充さんはどんなことを

語るのでしょうか!たのしみです!

スポンサードリンク

山田充さんが勤めている料理店『観月茶屋』は標高1000mの植物園の中にある!

さて、山田充さん

観月茶屋というお店で、料理の腕を

振るっておられます。

出典元:岳人の森

近くの山でとれる山菜やキノコ、

地域の皆さんが心を込めて育てた野菜や果物、

川魚や猪、鹿など、山の滋味と季節の風味を生かし、

おもてなしの心を添えて、

和の創作料理をお出しいたします。

引用元:岳人の森

この観月茶屋というお店、

実は、岳人の森という植物園の中に

あるということなんです。

こちらはただの植物園ではなく

「山岳植物園」として

徳島県の土須峠(どすとおげ)近く、

標高約1000mの山岳にあるそう。

そしてこの岳人の森

なんと、山田充さんのお父さんである

山田勲さんが23歳(1972年)の時に、

個人で造成を始めたんだとか。

当時、

スギやヒノキなどの植林が進み、

山の風景が変わっていってしまうことに

心を痛めた山田勲さん

一念発起して

「ふるさとの自然を回復させ

守っていこう」

と決意したのだそう。

家族や周りの人達の協力を得て

この大規模な植物園を完成させたのです。

出典元:岳人の森

こちらが敷地案内図。

山田充さんが料理人を務める

観月茶屋は一番下に位置してますね。

シャクナゲやヒメシャガをはじめとする

希少な高山植物が見られるそうです。

花屋でしか見たことないような植物が

生き生きと自生する姿を目にできるのは

いいですね!

園内には宿泊棟やオートキャンプ場も

備えているんだそう!

これからの季節に訪れてみたい

施設ですね。

運が良ければ岩茸も食べられるんでしょうか…

行ってみたい方は

岳人の森サイトで詳しい場所などを確認できますよ。

まとめ

岩茸ハンターの山田充さん

山岳植物園、岳人の森の中にある

観月茶屋で料理を担当する

料理人でもありました!

とても素敵なところなので

行ってみたくなりました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする