加藤ゆりな(ゆりんご)のプロフィール!高校5年生?おバカな可愛さに有吉がメロメロな訳は?【有吉反省会】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

9月15日の『有吉反省会』に

加藤ゆりな(ゆりんご)さんという方が

登場するようです!

番組表には、

有吉反省会見たことないメロメロな有吉…

女子高生Kに夢中

という見出しがついています!

有吉弘行さんをメロメロにしたという

加藤ゆりな(ゆりんご)さんには

どんな魅力があるのでしょうか?

今日はそんな

加藤ゆりなさんの、年齢や経歴などの

プロフィールを調べてみました!

更に、加藤ゆりなさん

「高校5年生…」と言われる理由

有吉弘行さんがメロメロになった

というおバカエピソードも、

番組を観たら追記したいと思います!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 加藤ゆりな(ゆりんご)さんのプロフィール!
  2. 加藤ゆりな(ゆりんご)さんは高校5年生って、なんで!?(編集中)
  3. 加藤ゆりな(ゆりんご)さんのおバカで可愛いエピソードとは?(編集中)
  4. まとめ

スポンサードリンク

加藤ゆりな(ゆりんご)さんのプロフィール!

出典元:日本テレビ

加藤ゆりなさんは

1999年01月07日生まれの19歳

埼玉県出身

加藤ゆりな→ゆりんご

に改名したという情報もありますが、

有吉反省会の番組予告では

加藤ゆりなという表記になっていますね。

また戻したんでしょうか…。

加藤ゆりなさん

『アキシブ』というアイドルグループに

所属していたことでも

知られているようです。

といっても

2017年3月9日~2018年6月26日という

短い期間だったようですが。

下の写真の左から二番目がアキシブ時代の

加藤ゆりなさん

出典元:アキシブ

アキシブは

「秋葉原のオタク文化」と「渋谷のギャル文化」を

融合させ、新しい文化を作り出すことを

目標としているアイドルグループだそう。

加藤ゆりなさんは脱退されましたが、

アキシブ自体は

メンバーの入れ替わりがありながら

活動は続いているそうです。

さて、

アキシブだった以後の加藤ゆりなさん

タレントとして活動しているようです。

やっぱりキャラクターに魅力があるのか、

『踊る!さんま御殿』

西武池袋線VS東武東上線

というテーマの回に出演されていたそう。

すごいですね!

東武東上線代表の一人として

みずほ台駅利用者として出演され、

愛嬌のあるトークで観た人に

印象付けることができたみたいです。

有吉反省会では

どんな話が聞けるんでしょうか!

たのしみです!

加藤ゆりな(ゆりんご)さんは高校5年生って、なんで!?

さて、

なんで加藤ゆりなさんが高校5年生に

なってしまったのかというと

勉強が苦手過ぎて留年を繰り返している

というシンプルな理由でした。

高校を卒業できない今の状況に対し

加藤ゆりなさんは

「自分だけと気が止まっている感じ。」

「一生高校生でいたいと願ったことがあるけど、

夢がかなってる」とおっしゃってます。

今4度目の高校4年生だそうです。

進級できても

卒業までにあと1年あるというのがまた

絶望感を誘いますね。

加藤ゆりな(ゆりんご)さんのおバカで可愛いエピソードとは?

それでは、番組での

有吉弘行さんと加藤ゆりなさんとの

やり取りを紹介します。

加藤ゆりなさん、

「森でカッパを見た」

「濃い緑だった」

「もしかしたら妖精」

と語り、

「薬はやってないんだよな?」と

有吉弘行さん。

ずっと高校生でいたい理由として

「学割使える」

「映画は1000円で観られるし、

松屋は500円で食べられる」という

加藤ゆりなさんに

「賢いな」

という有吉弘行さん。

「走るのと泳ぐのは得意」

という加藤ゆりなさんに

ジャンプさせたり

エアーで平泳ぎやクロールをさせる

有吉弘行さん。

出典元:日本テレビ

だんだんと有吉弘行さん、

やたらと楽しそうになってきます。

ここで

博多大吉さんから的確な一言が。

出典元:日本テレビ

バカリズムさんや大久保佳代子さんも

「何見せられてるの?」

「たのしそう」

とあきれていました。

加藤ゆりなさん、

おバカキャラの割にはあんまり

ぐいぐい出て来ず、

ほんわかした感じがいいですね。

高校、卒業できるといいですね。

まとめ

加藤ゆりなさんは

勉強が苦手過ぎて留年を繰り返し

高校5年生になっていました。

可愛くていいなと思うのですが。

「本当にこの先の人生大丈夫かな」

と思わせるくらい、

確かにおバカそうでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする