捧雄一郎(コメリ社長)の経歴!魅力や他のホームセンターとの違いは?店舗の場所も!【カンブリア宮殿】

こんにちは!

mamakaです。

 

12月20日の「カンブリア宮殿」に

ホームセンター「コメリ」の社長、

捧雄一郎(ささげ ゆういちろう)さん

出演するそうですね!

 

競争が激化しているという

ホームセンター市場で、

「コメリ」の魅力とは何なのでしょうか?

店舗の場所や、

捧雄一郎さんの経歴

なども調べてみました

ぜひ、読んでみてください!

スポンサードリンク

「コメリ」の魅力とは?他のホームセンターと何が違うの?

わたしはホームセンターというと

「ニトリ」や「カインズホーム」等が

身近に感じられて、

正直「コメリ」のことは

お店を見かけたことはあるかな、

くらいの認識でした。

出典元:コメリ

このような、

鶏のロゴマークなんですね。

 

そんな「コメリ」、

他のホームセンターとの

大きな違いの一つ、魅力は

「プロ向けの資材に力を入れている」

ことだそうです。

どんな分野のプロ向けかというと、

「農業」

なのだそう。

出典元:コメリ

このような農業資材専門の

カタログには約48000点の

商品が載っているそう。

すごい品揃えですね。

(参考までに、カインズホームの

ホームページでは

「農業資材・薬品」は

2795点の取り扱いとなっています。)

 

「コメリ」では、

「防獣・防鳥資材」や

「精米機」などの

専門的な道具から、

作業用の帽子やゴム手袋などの

小物まであり、

農村地帯の店舗で売り上げを

上げているのだそう。

 

なんと、長靴では日本一のシェアを

誇っているそうですよ!

すごい!

一般のお客さんももちろん

利用するでしょうが、

農業のプロの方が満足する

品揃えも、「コメリ」の魅力の

一つなのでしょうね。

スポンサードリンク

「コメリ」の店舗は日本最多!場所はどこ?

「コメリ」の店舗数は

1186店舗(2018年3月期)

もあるそう。

2010年の時点では、

1000店舗達成はホームセンター業界初の

快挙だったそうですよ。

すごいですね!

 

「コメリ」は

商圏人口が小さすぎるために

他のホームセンターが

出店を躊躇した立地を選んで

出店を重ねてきたのだとか。

 

ネットショッピングが

さかんだとは言え、

実物を見て買いたいものもあります。

ホームセンターで購入する

商品は大型のものも多いでしょうから、

送料の負担も大きいですよね。

 

近くの店舗に

自分の車で買いに行けるのは

消費者にとってありがたいですよね。

各地に物流センターを設置し、

小型店舗の運営を助けているのだそう。

 

というわけで、

店舗の場所を書きたいところですが

ここにはとても書ききれないです…。

 

「コメリ」のホームページから

お近くの店舗を検索できますよ。

コメリホームページ

スポンサードリンク

「コメリ」の社長、捧雄一郎さんは超エリート!その経歴は?

出典元:ラジオNIKKEI

捧雄一郎(ささげ ゆういちろう)さんは

1956年5月20日生まれの現在62歳。

埼玉県出身です。

 

春日部高等学校を卒業後は

中央大学理工学部に進んだ

捧雄一郎さん。

 

1979年に中央大学を卒業後は、

通商産業省(現経済産業省)に入省。

エリートですね!

通商産業省には

「コメリ」入社まで勤務したようです。

 

1988年に、

当時は義理の賢一さんが経営していた

「コメリ」に入社。

 

この「義父」であるという

捧賢一(ささげ けんいち)さんとの関係は

よくわかりませんでした。

捧雄一郎さんが「コメリ」に入社したのは

32歳の時なので、

既に結婚していて、

賢一さんは妻の父だった

ということなのかもしれません。(想像です)

 

ちなみに「コメリ」は元は

1952年、新潟に開業した米穀商、「米利商店」

だったそう。

賢一さんは高校卒業時から

このお店に携わっていたそうですよ。

ちなみに今年、賢一さんは

亡くなられたそうです。

 

捧雄一郎さんに話を戻しますと、

1992年、取締役

1997年、専務

2002、年副社長

2003年、社長兼最高執行責任者(COO)

2014年6月に義父の賢一会長に代わり、

最高経営責任者(CEO)に就任

となったそうです。

 

捧雄一郎さんの趣味は

ジョギングだそうです。

健康に気を遣っているんですね。

 

以上、わたしが調べた

捧雄一郎さんの情報いろいろでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です