坂本 道徳(軍艦島・世界遺産)経歴や生い立ち、仕事はツアーガイド?妻や子供は?【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

9月3日の『激レアさんを連れてきた。』に

子供の頃に住んでいた

軍艦島を世界遺産にしようと

とにかく頑張った人

サカモト ドウトクさんという方が

登場します!

今日はサカモト ドウトクさん経歴や生い立ち

世界遺産登録への活動を始めたきっかけ、

現在の仕事

結婚した妻や子供はいるのか?

などなどを調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. サカモト ドウトクさんの経歴や生い立ちは?軍艦島世界遺産登録のための活動とは?
  2. サカモト ドウトクさんの現在の仕事は軍艦島ツアーガイド!ツアーの詳細も!
  3. サカモト ドウトクさんに結婚した妻や子供はいる?
  4. まとめ

スポンサードリンク

サカモト ドウトクさんの経歴や生い立ちは?軍艦島世界遺産登録のための活動とは?

出典元:facebook

サカモト ドウトク(坂本 道徳)さん

1954年4月17日に

福岡県の筑豊に生まれ、

小学6年生の時に軍艦島に移住します。

現座は64歳で長崎県長崎市在住。

1973年に長崎大学商業短期大学部入学するも

翌年の1974年、

軍艦島(端島)閉山と共に同大退学。

その後は

1975年に東京でコンピュータ関連の会社に入社

1983年に長崎へ帰崎されています。

そして、

1999年10月、

サカモト ドウトクさん25年ぶりに

同窓会にて端島へ渡航します。

25年前、炭鉱の閉山によって

無人島となった軍艦島。

その巨大な廃墟のような姿は

なんだか映画のセットのように見えたり、

怖いような、ある意味美しいような、

独特の世界を感じます。

出典元:軍艦島ツアー

でも、

サカモト ドウトクさんにとって軍艦島は

自分の青春時代の思い出が詰まった場所で、

「廃墟」でも「映画のセット」でもなく

わたしたちにとっての

「実家」とか「地元」とか「ふるさと」

ということになりますよね。

その軍艦島のがらんとした様子には

ショックを受けたことでしょう。

その同窓会の前なのか後なのかは

わかりませんが、

サカモト ドウトクさん

「軍艦島が産業廃棄物処理場になる」

という衝撃の事実を知り、

ふるさとを守りたい!

決意することになります。

サカモト ドウトクさん

1999年から2000年代前半にかけて

ホームページの設立や

世界遺産に関する署名の提出、

写真集「軍艦島」失われた時を求めて を自費出版

精力的に活動を進めていきます。

そして2003年8月、

特定非営利活動法人軍艦島を世界遺産にする会

NPOとして認証されます。

その後、

2000年代後半には

各地で行われる世界遺産シンポジウム

(著名人の講演やディスカッションを

行って、世界遺産の価値を

国内外に発信するというもの)

に数多く参加したサカモト ドウトクさん

このような公的なイベントで

軍艦島の世界遺産登録を

アピールしていったということ

みたいですね。

あとは講演を開いたり、

軍艦島に関する書籍を自費出版したり、

海外のメディアからの取材に

協力したりして

軍艦島の知名度を上げていったよう。

そのような活動が年刻みに続き、

とても多忙な日々だったと想像されます。

そして遂に!

2015年軍艦島は世界文化遺産に登録!

ふるさとを守ることができて、

サカモト ドウトクさん、

嬉しかったでしょうね。

サカモト ドウトクさんの、

現在の仕事&結婚した妻や子供については

2ページ目へ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする