大仏見富士(元フランス外国人部隊)は元自衛隊員?読み方は?マッチョなイケメン?【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

6月25日放送予定の

『激レアさんを連れてきた。』に

作家の大仏見富士さんが出演される

ようです。

番組の見出しとしては

『ただムッキムキになりたい

という薄い理由でフランス外国人部隊に

入っちゃった人。』と

されています。

今日は大仏見富士さんは一体どんな

人なのか?名前の読み方から、

経歴や気になる肉体について、

そもそもフランス外国人部隊って

どんなものなのか等を調べてみたので

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 大仏見富士さんって…なんて読むの?
  2. 大仏見富士さんは元自衛隊員?
  3. 大仏見富士さんはやっぱりマッチョなのか?
  4. まとめ

スポンサードリンク

大仏見富士さんって…なんて読むの?

ご自身のものと思われる

Twitterでは『大仏見富士(オオフミトシ)』と

表記されています!

『激レアさんを連れてきた。』の

番組情報では

オオフミさん』と呼ばれているので、

苗字が 大仏見(オオフミ)

名前が 富士(トシ) ということ

なんでしょうね。

大仏見富士さんは元自衛隊員?

大仏見富士さんは

子供の頃から

アーノルド・シュワルツェネッガーや

シルベスター・スタローンに

憧れていたそうで、

「海外の部隊に入ること」

「ムッキムキの体になること」が

目標だったようです。

そんな将来を見据えて

まずは日本の自衛隊に入り、

資金を貯めていたという

大仏見富士さん

「ハリウッドに肉体派俳優のように

なりたい」という、

なんだか子供みたいな動機の割には、

目標に向かってまず始めたのが

「自衛隊に入って資金を貯める」

というのはけっこう地に足が

着いてますね!

せいぜい映画マニアになったり、

サバイバルゲームにハマったり

という人なら沢山いそうですが、

本当に自衛隊に入っちゃうのは

試験や訓練があるでしょうし

かなりハードル高いですよね。

でも逆に、

自衛隊員の方の中には、

大仏見富士さんのように

シュワルツェネッガーとかに

憧れて入隊したという人も

普通にいたりするんでしょうかね。

ちなみに、

大仏見富士さんは自衛隊や

フランス外国人部隊に所属していた

ときの経験を元に

本を書いたりしているようなので、

今は自衛隊や軍隊のような仕事は

していないみたいですね。

出典元:Amazon

スポンサードリンク

大仏見富士さんはやっぱりマッチョなのか?

大仏見富士さんは、

自衛隊員をある程度続け、

「体が仕上がってきた」という

24歳の頃、

たまたま目にした

フランスの外国人部隊の募集が

きっかけとなり、

フランスへの渡航を決意したそう

です。

これを聞く限り、特に

フランスに拘りがあったわけでは

ないみたいですね。

あくまでも外国の部隊で、

ムッキムキになれそうかどうかが

大事だったんですね。

ちなみにフランス外国人部隊に

ついて調べてみると、

国籍や犯罪歴は問わず、

世界中から猛者が集まるとか、

入隊のハードルはそれほど高くないけど

入隊してからの地獄のような訓練を

終えられる隊員はごくわずかだとか、

ヘビーな情報が盛りだくさんに

集められます。

大仏見富士さんはこういう情報を

知っていて入隊を希望したのでしょうか。

そういうヘビーなところにも

シュワルツェネッガーの映画の

世界観のような魅力を

感じたのでしょうか…。

さて、

大仏見富士さんがムッキムキの

マッチョなのかという話ですが、

大仏見富士さんの体格がはっきりと

わかる写真は残念ながら

見付けられなかったのです。

でも、

『激レアさんを連れてきた。』の

公式Twitterでのこの写真…

出典元:https://twitter.com/geki_rare

スーツを着ているものの、

胸板が厚く大柄そうに見えます。

年齢は30代?それより年を重ねて

いたとしても、

40代前半かなという雰囲気ですよね。

渡航を決意した24歳の時点で

「体が仕上がっていた」と

されているくらいですから、

フランス外国人部隊での経験を経て、

今まだ30~40代だとしたら

今もなおムッキムキのマッチョである

可能性は高いと考えます。

スポンサードリンク

まとめ

大仏見富士(オオフミトシ)さん

元自衛隊員で、

「外国の部隊でムッキムキになる」

という子供の頃からの

夢を叶えた、

とても行動力のある男性のようです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする