西谷格(にしたに ただす・ライター)中国パクリ遊園地!かっこいい!年齢や出身校・経歴!結婚は?【じっくり聞いタロウ】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

7月26日放送予定の

じっくり聞いタロウに

フリーライターの

西谷格(にしたに ただす)さんが出演されます。

西谷格さんは特に

中国の文化に精通していて

中国のホストクラブや

日本でも話題になった

『パクリ遊園地』

潜入して記事を書いたり

しているそうです。

面白そうですよね!

今日はそんな西谷格さん

年齢や出身校などの

経歴や、

西谷格さんが出会った

中国の驚きの姿、

西谷格さん

結婚しているのかなどを

調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. 西谷格さんの年齢や経歴!
  2. 西谷格さんが見た中国人のリアルな姿とは?
  3. 西谷格さんが潜入した『中国・パクリ遊園地』の実態がおもしろすぎる!
  4. 西谷格さんて、かっこいい…。
  5. 西谷格さんは結婚しているの?子供はいる?
  6. まとめ

スポンサードリンク

西谷格さんの年齢や経歴!

出典元:ライブドアニュース

西谷格さん

基本情報です。

  • 1981年生まれ(今年の誕生日が来ていれば37歳)
  • 神奈川県藤沢市出身
  • 神奈川県立鎌倉高校卒業
  • 早稲田大学社会科学部卒業
  • 東京都新宿区在住

大学卒業後は

『新潟日報』という

地方新聞の記者を経て、

フリーランスとして活動。

『週刊ポスト』『AERA』

などで記事を執筆されました。

早稲田大学卒業とは、

西谷格さんは優秀なんですね!

なぜ、

神奈川県出身で

東京の大学に行ったのに

新潟県の新聞社に就職したのか

ちょっと不思議ですが、

調べてみても

理由はわかりませんでした。

『新潟日報』は

その名の通り、新潟県内の

ニュースを中心に報道していて、

特に中国関連の情報に強いとか

変わったところはないみたいです。

フリーライター転身後、

2009年に上海に移住し、

中国の人達のリアルな姿を

レポートしてきたそうです。

2015年に帰国され、

現在は日本のニュース週刊誌を

中心に記事を執筆。

やはり中国関連の

記事を得意としているそうです

スポンサードリンク

西谷格さんが見た中国人のリアルな姿とは?

西谷格さんは先述の通り、

中国の人や文化に関する

記事を多く書いています。

西谷格さんの著書に

『中国人は雑巾と布巾の区別ができない(宝島社新書)』

というものがあって、

割とシリアスに中国社会の

厳しさを語っているようで

中国人が

「マナーが悪い」

「衛生観念が低い」などと

言われる理由が、

批判などではなく

中国の歴史を紐解きながら

解説されているようです。

『ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書) 』

こちらは

中国のホストクラブや

お見合いパーティー、

寿司屋、

パクリ遊園地などに

西谷格さんが実際に

潜入したルポだそうです。

お見合いパーティーで知り合った

女性のエピソードが

リアルで、

結婚相手に求める収入を

聞いてみたところ、

「自分と同じくらい

月給7000~8000元(12万円前後)

稼いでいればいい」と

意外にも地に足の着いた答え

だったそう。

拝金主義のイメージが強い

中国ですが、

いろんな考えの女性がいて

当たり前ですよね。

ただ、

大家の都合で簡単に

住人が追い出されてしまう

中国では、

結婚するなら住宅購入は

必須という考え方は

かなり深く根付いているそう。

西谷格さん

パーティーで知り合った

中国人女性との

デートの様子も語って

おられます。

待ち合わせから

西谷格さんが度肝を抜かれたのが

「相手の女性が

友人を連れてきた。しかも2人

というもの。

中国ではよくあること

なんですかねぇ。

しかも食事中に

だんだん女性同士だけの

会話で盛り上がり始めた

との事。

これは嫌ですね~。

そんな中、

なんと女性たちは

食事のあと、

持参したえびせんの

袋を開けて、みんなで

ばりばり食べ始めたというのです

中国の飲食店では

持ち込みに寛大だそうで、

これは文化の違いだから

しかたないのかもしれません。

ちょっと楽しそう。

最後は会計した西谷格さん

お礼も言わず、

「じゃあ、私たちは帰るわね」

という感じで

さっさと行ってしまったそうです。

「男性におごってもらって当然」

とい考え方は

中国女性の間ではけっこう

一般的だそうですよ。

中国人女性の

意外に現実的な面あり、

イメージ通りな面ありの、

実際にデートした

西谷格さんならではの

体験記でした!

スポンサードリンク

西谷格さんが潜入した『中国・パクリ遊園地』の実態がおもしろすぎる!

西谷格さんが潜入した

いろんな現場についての

ルポは

それぞれ面白そうですが、

やっぱりわたしは

『パクリ遊園地』

断然気になります!

書籍にも書かれているという

『パクリ遊園地』

潜入体験について、

西谷格さんが語っているのを

見付けました。

西谷格さんが改めて

調べた時点では、

過去に話題に

なった『パクリ遊園地』

中国の国際化に伴い

それほど表には出てこなく

なっていたそう。

実際、

前よく報道されていたのは

『上海ディズニーランド』

という施設だったらしいの

ですが、

そこはもう無くなったみたいです。

それでも西谷格さん

「中国がそんなに簡単に

変わるはずない!」

と思ったとの事。

そして調査を続け、

ついにある

遊園地を見付けました。

その名も

「欧楽堡夢幻世界」

(おうらくほうげんせかい)。

地元の旅行会社が20億元

(約320億円)を投入して

建設したという情報も

ありました。

西谷格さんの記事からでは

ありませんが、

「欧楽堡夢幻世界」

楽し気な画像をいくつか…。

出典元:NAVERまとめ

やっぱりどこか目つきが怖いのが

こういった

中国パクリ遊園地

キャラクターの特徴ですよね。

下の写真のキャストには

ちゃんと(?)欧米人を

使っているところに

こだわりを感じますね。

さて、

西谷格さんの話に戻りますが、

西谷格さんはその

遊園地に直接電話して

「働きたい」という旨を

伝えます。

相手は

「欧楽堡夢幻世界」

事務の人でしょうか、

「給料はいくら欲しいの?

とりあえず事務所に来なさい」

と即答。

話が早いですね。

そして現地へ飛んだ

西谷格さん

遊園地も周辺も

閑散としていたそうです。

320億円投じた建設会社は

大丈夫なんでしょうか。

まず、

この地域の給与相場が月給2000元

であるのに対し、

「欧楽堡夢幻世界」

入園料は200元(約3600円)と

かなりの高額だそう。

意外にも、

裕福な人たちの遊び場

だったのですね。

そしてやはりあふれている

いろんな本家の人気者を

模したと思われる

ものたち。

改修のため錆びた

鉄パイプの足場で

囲まれている、

悲しい

シンデレラ城風な城。

ディズニーランドだったら

改修されている過程なんて

微塵も見せませんよね!

かと思うと

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン風の

地球儀のようなオブジェも

あったり、

上に写真で載せたような

キャラクター達がいたり、

中国のパクリ文化は

やっぱり根深いもの

だったことを痛感した

西谷格さん

肝心の潜入については

5分の面接で

「欧楽堡夢幻世界」

試用されることになった

そうで、

試用期間中には

衣装を身にまとい、

メイクアップまでして

パレードに参加したそう。

結構楽しんだみたいです。

出典元:facebook

試用期間の3日だけで

「帰国することになった」

として

パクリ遊園地「欧楽堡夢幻世界」

去った西谷格さん

3日分の給料として200元

(3600円)を

もらったそうです。

3日間働いてやっと

入園料分を稼げるとは、

働いている人達は

遊びに来ている人達に対して

けっこう貧しい層

なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

西谷格さんて、かっこいい…。

話変わりますが、

西谷格さんって、

めちゃくちゃイケメンで

かっこいいですよねぇ。

出典元:日本経済新聞

ホストクラブに潜入

できたのもわかります。

西谷格さんは結婚しているの?子供はいる?

西谷格さん

結婚しているかや

お子さんがいるかどうかは

残念ながら

わかりませんでした。

すみません…。

でも、

プライベートを

明かしていないだけで

結婚していそうですよね。

かっこいいし。

少なくとも彼女は

いそうですよね~。

かっこいいし。

スポンサードリンク

まとめ

西谷格さんはライターとして

中国の人達の中に

飛び込んで、

おもしろい記事を

書いておられます。

本もぜひ読んでみたいです。

かっこいいし!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする