原田真緒のプロフィール!プロニートになった深い訳?収入は?【有吉ジャポン】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

6月22日金曜日 深夜0時25分から

TBSで放送予定の『有吉ジャポン』に

自称『プロニート』原田真緒さん

出演されるそうです。

番組では『フリーランスのアイドル』

として紹介されるようですね。

はじめ、『原田真緒』で検索すると

けっこうセクシーな画像ばかりで

「ちょっと目のやり場に困る…」

と思ったくらいでしたが、

色々と調べて記事を書いた今は、

正直、わたしの中で

原田真緒さんに対するイメージは

一変しました!

原田真緒さん

なぜ『プロニート』になったのか

調べてみると、実は深い理由があったのです。

『プロニート』の収入や、

原田真緒さんのプロフィールとともに

ご紹介したいと思います。

ぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク

<もくじ>

  1. 原田真緒さんのプロフィール
  2. 原田真緒さんはなぜ『プロニート』になった?
  3. 原田真緒さんの収入は?
  4. まとめ

原田真緒さんのプロフィール

原田真緒さんは愛媛県松山市出身。

1988年8月5日生まれで、

今年の誕生日が来たら30歳になる方です。

ファンの方々には『はらだん』の

愛称で親しまれているようです。

アニメ好きで、趣味はパチンコとの事です。

可愛いですね!

大阪経済大学を卒業されているそう

ですが、この学校は

あのジャパネットタカタの創設者

高田明さんの出身大学でもあります。

原田真緒さんは、

けっこう教養のある方のようですね!

デビューのきっかけは、

大学生の頃に書いていたブログだそうです。

思いがけずアクセス数が増え、

人気が出だしたことで、

芸能界に興味が沸いてきたのだとか。

インタヴューでご本人がこう語って

います。

もともと、自分に自信のない

性格だった私がタレントに

なったら面白いんじゃないかな?

と思って応募してみました。

こんなに可愛くてスタイルもいいのに、

「自分に自信がなかった」

というのは意外ですね!

その後、グラビアアイドルとして活躍。

週刊ヤングジャンプやプレイボーイなど

数々の雑誌のグラビアを飾り、

DVDも発売されています。

コメントの数だけ服を脱いでいく

『脱衣ブログ』でも話題になっていた

そうです。

一度事務所が変わったのち、

2017年よりフリーランスになったとの事で、

これ以降は『プロニート』を自称していて

グラビアは辞めてしまったようですね。

原田真緒さんの職業?『プロニート』とは?

さて、

そのプロニートとはいったい

何なんでしょうか。

実は「働きたくない」という気持ちが

あったという原田真緒さん

ただ『ニート』と名乗るのも

つまんないんで、

『働かないぞ!』という気持ちを

強く持ったニート、

ということで『プロニート』です。

だそうです。

惰性でニートになった訳ではなく、

積極的に自発的にニートになった、

という感じなんですね。

それではなぜ、原田真緒さん

働きたくなくなってしまったのでしょうか?

グラドルとして活動していた頃、

原田真緒さんは『収入の低さ』という

壁にぶち当たります。

周りの同業の女の子たちは、

夜の仕事と掛け持ちしたり、

富裕層や業界人の男性と飲み会をして

お金をもらう、いわゆる『ギャラ飲み』で

収入を得て生活を成り立たせている

状況だったそうです。

テレビに出るには大きい事務所じゃないと

あまり意味がないことを感じて、

中小の事務所に所属しているなら

フリーでもそんなに

変わらないのではないかと

思うようになったんです。

グラドルの仕事に行き詰まりを感じて

悩んでいたんですね。

そんな中でも『ギャラ飲み』には

参加しないという意思は貫いていた

原田真緒さん

一本芯が通った女性と言えるのでは

ないでしょうか。

さらに、

実は父が病気がちになったり、

母は今も働いていて大変な思いを

させている。

私がちゃんと稼いで、

親に仕送りしてあげられたら、

母も仕事をやめることができるのに、

と思っていて。

このような事情もあり、

表現者としての活動は続けるけれど、

メジャーな場所での芸能活動は

諦める、という選択に至ったようです。

『プロニート』になった理由には、

家族への想いもあったんですね。

スポンサードリンク

原田真緒さんの収入は?

そもそも、

原田真緒さんは『プロニート』として

どんな活動をされているのでしょうか?

調べてみると、トークライブ、

ゲームをしているところをネットで

生配信、ライティング、

ネットでのグッズ販売と多岐にわたって

います。

原田真緒さんのイラストから生まれた

こんなキャラクターもいます。

『まくらちゃん』

LINEスタンプもあるんですね。

かわいい。

『ニート』とは程遠い

とても忙しい毎日を送っている原田真緒さん

トークライブが成立するということは

お金を払って原田真緒さんの話を

聞きに来る人がいるということですし、

ネットビジネスも成功すると収入は

かなりのものになるはずです。

いずれも、事務所に所属していたら

稼いだ金額の一部は事務所のものですが、

フリーランスになった今は

「すべて自分の収入になる」というのも

大きそうですよね。

グラドル時代は

手取り月収は10万円くらいでした。

少ないときは10万円を切ることもあって、

一番少ないときは月1万8000円。

と語っていましたが、

そこから抜け出すためにフリーになって

『プロニート』を続けているのですから、

少なくとも現在は「月10万円」を超える

収入を得ているはずです。

まとめ

原田真緒さんは、

ご家族への仕送りをしたいという気持ちもあり

収入を増やすために『プロニート』に

なっていました。

『プロニート』という言葉から受ける

イメージとはかけ離れた努力家で、

とても忙しく働いてる方なのだと

思います。

収入は、グラドル時代の「10万以下」

というレベルよりは多いと推察されます。

これからもご活躍を期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする