ベルトン由香(ロンドン・鮮魚店)の経歴!夫の職業や馴れ初め、子供がいるのかも!【セブンルール】

スポンサーリンク

こんにちは!

mamakaです。

11月6日の「セブンルール」で

ベルトン由香さんという方が

紹介されるそうですね!

ロンドンの高級住宅街にある

鮮魚店で働いているというベルトン由香さん。

番組ではどんな話が聞けるのでしょうか?

今日はそんなベルトン由香さんの経歴や、

お店の場所などの情報、

夫の職業や子供はいるのか?

などを調べてみました!

ぜひ、読んでみてください!

<もくじ>

  1. ベルトン由香さんの経歴①日本で鮮魚店勤務からいじめの経験、そして留学!夫との出会い!
  2. ベルトン由香さんの経歴②結婚後、ロンドンの鮮魚店で働くようになるまで!
  3. ベルトン由香さんの夫との馴れ初めや職業は?子供はいるの?

スポンサードリンク

ベルトン由香さんの経歴①日本で鮮魚店勤務からいじめの経験、そして留学!夫との出会い!

ベルトン由香さんは

愛知県名古屋市出身の47歳。

20歳で就職したというベルトン由香さん。

(学歴等はわかりませんでした。

短大や専門学校卒なのですかね)

その就職した会社がなんと間もなく倒産。

やむなく働き口を探し、

21歳の時にスーパーの鮮魚コーナーで

働き始めたそう。

以後、17年もその仕事を続けられたそうです。

長く務めたんですね!すごい!

けっこうハードそうだし、

お魚をさばいたり

専門的な技術が必要であろう鮮魚コーナーでの

お仕事ですが、

ベルトン由香さんは「師匠」ともいえる先輩に

初歩的なことから伝授してもらったのだと

いいます。

その師匠が定年退職した時、

ベルトン由香さんは33歳という若さで

鮮魚コーナーの責任者に抜擢!

仕事の出来る優秀な方なんでしょうね!

しかし、同じ職場で働いているのは

ベルトン由香さんの親世代ともいえる

年配の方ばかり。

若いベルトン由香さんに指導を受けることに

拒絶感を持つ人も多く、

そういう人からのいじめに悩まされたそう。

どこの世界にもそういう人は

いるんですね…。

ベルトン由香さん、辛い時代だったでしょうね。

そんなベルトン由香さん、

心機一転という意味合いもあったのか、

37歳でアイルランドへ留学をします。

そして、38歳で結婚することになる夫の

ロバートさんと出会うのです。

(夫との出会いや、夫の職業については後ほど書きます)

スポンサードリンク

ベルトン由香さんの経歴②結婚後、ロンドンの鮮魚店で働くようになるまで!

200812月、

ベルトン由香さんは

ロンドンに暮らすアイルランド人の夫

ロバートさんと結婚します。

出典元:COSMOPOLITAN

挙式は日本で行ったそうで、

こちらがその時の写真です。

白無垢がすてき…。

夫のロバートさんも、

恰幅がいいから和装がお似合いですね。

ビザの手続きを済ませた後、

20092月に夫が暮らすロンドンに

移住したベルトン由香さん。

英語はできなかったものの、

ロバートさんが日本語が堪能だったため、

あまり心配はしていなかったそう。

一年ほどは専業主婦をしていたそうですが、

楽しいはずの新婚生活で、

ベルトン由香さんは

予想外の感情に襲われます。

それは、夫が仕事に行ってしまい、

家でひとりになったときにそれは起こりました。

英語ができない、

外国人だから狙われても何もできない、

道を歩いている人は皆知らない人、

土地勘もない

怖さがわ~っと押しよせてきて、

まったく外に出られなくなってしまったんです。

引用元:COSMOPOLITAN

なんと、

ベルトン由香さん、

恐怖のあまりひきこもりに

なってしまったのだと言います。

わたしも海外は旅行でアジア圏の観光地に

少し行ったことがあるくらいで

前々海外慣れしてないので、

その恐怖心、わかる気がします。

数日で終わる旅行ならまだしも

「ここでずっと暮らすんだ」という

プレッシャーを急に感じ始めても

おかしくないですよね。

「このままではいけない」と

少しずつ外に出る訓練を始め、

半年ほどでひきこもりを克服したベルトン由香さん。

がんばりましたね…。

「働きたい」とも考えるようになったとき、

思い出したのは日本での

鮮魚コーナーで17年務めた経験でした。

「自分が調理した魚でお客さんが

喜んでくれるという経験をした」という

ベルトン由香さん。

まずはロンドンの鮮魚店事情をリサーチしようと

ネットで調べていたところ、

鮮魚店の

「経験者求む。英語力は問わない」という

求人を見付けました。

ご主人に英語で履歴書を作ってもらい、

勇気を出して応募!

そして、3日後には鮮魚店から

電話が来て、日時を言っているらしい

英語をなんとか聞き取り面接へ。

3日後には採用連絡が来たと言います。

本当に、語学より経験が重視されたんですね!

「しばらくトライアル(試用期間)」と

言われて働き始めたが、

いつトライアルでなくなったのかも

わからないまま数年が経っていると

笑顔で語っていたというベルトン由香さん。

ロンドンに住む日本人は

「鮮魚店の品数が少ない」

「三枚におろして、などと英語で言いづらい」

等の理由により、美味しい魚に

飢えているとの事。

ベルトン由香さんの工夫により、

お刺身の提供や日本人好みの

商品を出せるようになり、

ほとんどイギリス人だったという客層が、

週末は日本人の方が多いほどに

かわっていったのだと言います。

めちゃくちゃ活躍されているんですね!

魚好きな日本人にはありがたいですよね!

鮮魚コーナーでのいじめをきっかけに

海外に移住するまでになったものの、

迷っていた時に進む道を決める決め手となったのが

当時の職場での経験だったのですね。

なにかを継続してがんばるって

大切だなと感じました。

スポンサードリンク

ベルトン由香さんの夫との馴れ初めや職業は?子供はいるの?

最後に、ベルトン由香さんと

夫のロバートさんとの馴れ初めなどを。

ロバートさんは元々ベルトン由香さんの

メル友だったといいます。

アイルランドに留学をした際に

SNSで知り合ったのだとか。

その後彼ロバートさんがが日本に来てくれたり、

私がロンドンに行ったりして交際を続け、

結婚したのだそうです。

ベルトン由香さん、

ロバートさんのやさしさにひかれたんだ

そうですよ。

素敵ですね!

ロバートさんの職業は

システムエンジニア。

なんと、

骨が嫌いなため魚好きではないとのことで、

好物はとんかつだそうですよ。

子供さんの情報はえられなかったので、

子供がいるのかどうか、

はっきりとはわかりませんでした。

以上、

わたしが調べた

ベルトン由香さんの情報いろいろでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする